「安廣一哉の独り言」 一覧

95年新人戦

2021/05/23   -安廣一哉の独り言

1995年、正道会館に憧れて上京し、入門して最初の新人戦。 当時は3秒まで掴みが有り、首相撲も有りと、現在のフルコンタクト空手ルールよりも研ぎ澄まされてはいませんが、より実戦的なルールでした。 この時 ...

冬の北海道

1人お通夜

2021/05/21   -安廣一哉の独り言

今日の夕方、幼年部と少年部のちょうど指導の合間に親父から電話があり 今大丈夫か? 指導の合間だから少しなら大丈夫だよ! と応えると いい話じゃないんだけど、次男兄さんが亡くなった。 突然の訃報に、マジ ...

死ぬまで挑戦!(2001年)

2021/05/14   -安廣一哉の独り言

2001年3月正道会館のチャンピオンとして 第12回全日本新空手道選手権大会に挑戦。 グローブを付けて顔面ありの新空手に挑戦。 空手を知らない人にしたら素手のフルコンとグローブの新空手の大会の違いや、 ...

no image

出会い

2021/05/09   -安廣一哉の独り言

やっぱりジャッキーチェンを見ると元気でるな〜 毎日の空手三昧から たまーに 自分の幸せな状況を忘れてしまう事もあって、 こんなにも毎日好きな空手ができて、いい会員さんや弟子に恵まれているのに 自分の夢 ...

20年前

2021/03/15   -安廣一哉の独り言

   2001年5月5日第12回新空手全日本大会中量級 決勝トーナメント 今から20年前の第12回新空手全日本選手権大会 中量級決勝トーナメント。2ヵ月前の予選を何とか通過し8人のワンデートーナメント ...

新しい挑戦

2021/03/10   -安廣一哉の独り言

2001年第12回全日本新空手道選手権大会、今から20年前になります。  当時の新空手は重量級でチャンピオンになるとK-1の日本トーナメントの出場権が得られるので、全国からK-1出たさに強い選手が沢山 ...

1999年 極真全日本ウエイト制

2021/02/27   -安廣一哉の独り言

 18歳で正道会館に憧れて上京し、4年目この時は正道会館の代表として極真会館(松井派)の全日本大会に出場。憧れの正道会館の看板を背負って負けたくない。練習も夢中でやりました。血尿もでました! 笑  試 ...

no image

1970年代 昭和歌謡

2021/02/16   -安廣一哉の独り言

昭和歌謡

年末

2020/12/22   -安廣一哉の独り言

2020年もあと数日で終わりますね、ハレロイスタジオも今週の金曜で冬休みに入ります、今年は思うように動けなかったりしましたが、何とか前に進み、夏のキャンプ合宿、クリスマス会は実行できたのが本当に良かっ ...

『食』をテーマに

2020/11/13   -安廣一哉の独り言

空手家を始め、人は健康が無くては幸せにも、楽しく過ごすこともできないことから健康に深い関わりがある『食』をテーマにしました。強い身体を作る為にも必要不可欠な食、しかも現代では様々な問題(食の廃棄、自給 ...

Copyright© ハレロイニュース , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.