安廣一哉の独り言

ドリップ珈琲

投稿日:

毎朝、ほぼ毎日コーヒーをミルで挽いて飲んでいますが、20年近く使っていた

カリタのミルから先々月、プジョーのミルに買い換えました。

新宿のコーヒー屋さん山本珈琲のマスターにカリタよりも刃が良くて3倍くらい挽くスピードが速くなるよ!と教えてくれたのもあってプジョーのみるにチャレンジしてみました。

20年近く使っていたカリタのミルは思い出が沢山詰まっていたので心苦しかったですが、取っての部分が壊れていたので、 思い切って捨てました。

さて、プジョーといえば車を思い出しますが、元々は家族で製粉業を行いて、そこから製鉄業を始めたところが礎となっていたそうです。

ちなみに1840年には家庭用のコーヒーミルに参入していて、その当時と今のミルはさほど変わっていないとか、180年変わってないって、技術力の高さが凄過ぎですね。

 実際使って思った事は、やっぱり挽くのが早い! とにかく早い! 高速で回転して挽くとあっという間に2杯分の豆がひけます☺️ 時間のない朝には持ってこい、ただ時間を短縮するなら電動のミルも持って入るのですが、豆の均一さがミルの方が一枚上手。そしてその都度挽いた方が香りもコクもいい。

やっぱり挽き立てが一番。

明日の朝は、高円寺で一番古い さわや珈琲(創業88年)の豆で朝を迎えよう〜

お休みなさい⭐️

-安廣一哉の独り言

Copyright© ハレロイニュース , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.