安廣一哉の独り言

95年新人戦

投稿日:

1995年、正道会館に憧れて上京し、入門して最初の新人戦。 当時は3秒まで掴みが有り、首相撲も有りと、現在のフルコンタクト空手ルールよりも研ぎ澄まされてはいませんが、より実戦的なルールでした。

この時挑戦した新人戦は参加人数が多く凄い活気があり、4回戦でもまだベスト8でした。この時K師範からアドバイスを頂き、凄い嬉しかった事を覚えています。

18歳の挑戦が始まったばかりでした。

人生死ぬまで挑戦!!

♯空手

♯正道会館

♯karate

♯安廣一哉

-安廣一哉の独り言

Copyright© ハレロイニュース , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.