安廣一哉の独り言

安廣道場5つの指針

更新日:

1つ 挨拶・返事を重んじる
人との出会いやコミュニケーションの始まりは挨拶から始まります。
稽古中では人を敬う気持ちと慎む心を大切に、挨拶と返事でケジメある行動をとることが気持ちよい人間関係、雰囲気を作ります。

1つ 稽古を楽しむ!
一生懸命稽古をするから楽しい!
いやだ、できない、無理、などのマイナスな言葉は道場内では使ってはいけません。
苦手(初めて)だけどやってみよう!などプラスな言葉を使って前向きに稽古を取り組みます!

1つ 自立心を養う
靴を揃える、道着は自分で着る・たたむ・道具を揃え大切に扱う。
自分の身の回りのことは自分でできるようにする事で、自立した精神を養うことになります。

1つ 個性を認め自信を育てる
一人一人にあった特性や個性を認めて自信を育て、その自信が何事にも挑戦しようとする気持ちに繋がっていくと考えております。

1つ 人生死ぬまで挑戦
安廣道場では試合、昇級審査、演武会、イベントなどの参加をお勧めしています。
人前で自分の姿を見せる緊張感や・恐怖・苦しみ・喜び・悔しさ等を味わう経験は必ず自信に繋がり、成長します。
挑戦が人を成長させ、自分の道を切り開き、新しい仲間に出会い、人生を豊かにしてくれます。

-安廣一哉の独り言

Copyright© ハレロイニュース , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.